研究業績

当研究室における国際会議や論文などの研究業績を紹介します(2016年度).
各年度の業績一覧はこちら

受賞

  1. 工藤博幸教授,
    SPIE(国際光工学会)Optics+Photonics 2016国際会議において発表,
    『Low-dose multiphase abdominal CT reconstructionwith phase-induced swap prior』が『Outstanding Poster Awards』を受賞

査読付き論文

  1. Essam A. Rashed, Hiroyuki Kudo, and Tetsuya Kobayashi,
    "事情があり論文名を公開しておりません,"
    Physics in Medicine and Biology, pp.- (投稿中) IF2015=2.811
  2. Satoshi Hata, Shinsuke Miyazaki, T. Gondo, K. Kawamoto, Noritaka Horii, Kazuhisa Sato, Hiromitsu Furukawa, Hiroyuki Kudo, H. Miyazaki, and Mitsuhiro Murayama,
    "事情があり論文名を公開しておりません,"
    Microscopy, pp.- (投稿中) IF2015=1.285
  3. Essam A. Rashed and Hiroyuki Kudo,
    "Atlas-based image reconstruction for breast CT using non-isocenteric C-arm scanner,"

  4. Hiroyuki Kudo, Keita Takaki, Fukashi Yamazaki, and Takuya Nemoto,
    "Proposal of fault-tolerant tomographic image reconstruction,"
    Proceedings of 2016 SPIE Optics + Photonics (Development in X-ray Tomography),
    Paper No. 9967-55 (2016年8月) -招待論文-
  5. Essam A. Rashed and Hiroyuki Kudo,
    "Low-dose multiphase abdominal CT reconstruction with phase-induced swap prior,"
    Proceedings of 2016 SPIE optics + Photonics (Development in X-ray Tomography),
    Paper No. 9967-60 (2016年8月) -Outstanding Poster Award受賞-
  6. Essam A. Rashed and Hiroyuki Kudo,
    "Atlas-based image reconstruction for breast CT using non-isocenteric C-arm scanner,"
    Conference Record of 2016 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, Paper No. (2016年10-11月発表予定)
  7. Essam A. Rashed, Mohammad al-Shatouri, Mona Selim, and Hiroyuki Kudo,
    "Needle detection in interventional pain management with 3D image reconstruction,"
    Conference Record of 2016 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, Paper No. (2016年 10-11月発表予定)
  8. Mona Selim, Essam A. Rashed, and Hiroyuki Kudo,
    "Atlas based interior tomography,"
    Conference Record of 2016 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, Paper No. (2016年10-11月発表予定)
  9. Taizo Suzuki and Hiroyuki Kudo,
    "Extended block-lifting-based lapped transform,"
    Proceedings of 2016 IEEE Image Processing Conference, Paper No. (2016年9月発表予定)
  10. Jian Dong, Hiroyuki Kudo, Essam A. Rashed, and Ryosuke Ueda,
    "事情があり題名は公開していません,"
    SPIE Medical Imaging 2017, pp.- (投稿中)
  11. Jian Dong, Hiroyuki Kudo, Ryosuke Ueda, and Songzhe Lian,
    "事情があり題名は公開していません,"
    SPIE Medical Imaging 2017, pp.- (投稿中)
  12. Songzhe Lian, Hiroyuki Kudo, and Jian Don,
    "事情があり題名は公開していません,"
    SPIE Medical Imaging 2017, pp.- (投稿中)
  13. Ryosuke Ueda, Fukashi Yamazaki, and Hiroyuki Kudo,
    "事情があり題名は公開していません,"
    SPIE Medical Imaging 2017, pp.- (投稿中)
  14. Ryosuke Ueda, Takuya Nemoto, and Hiroyuki Kudo,
    "事情があり題名は公開していません,"
    SPIE Medical Imaging 2017, pp.- (投稿中)
  15. Jian Dong and Hiroyuki Kudo,
    "事情があり論文名を公開しておりません,"
    日本医用画像工学会誌 Medical Imaging Technology, Vol., No., pp.- (投稿中)
  16. Jian Dong and Hiroyuki Kudo,
    "事情があり論文名を公開しておりません,"
    日本医用画像工学会誌 Medical Imaging Technology, Vol., No., pp.- (投稿中)
  17. "事情があり論文名と著者名を公開しておりません,"
    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, Vol., No., pp.- (投稿中) IF2015=1.827
  18. 工藤博幸,
    "新方式コンピュータトモグラフィーと圧縮センシング,"
    精密工学会誌, Vol.82, No.6, pp.506-512 (2016年6月)
  19. 工藤博幸, 董建, 加茂勝己, 堀井則孝, 古河弘光, 波多聰, 村山光宏, 佐藤和久, 宮崎伸介,
    "圧縮センシングを用いたトモグラフィー画像再構成," 日本顕微鏡学会誌『顕微鏡』 (2016年4月)
  20. 工藤博幸,
    "インテリアCTにおける画像再構成-非圧縮センシングと圧縮センシングによる厳密解法-,"
    日本医用画像工学会誌Medical Imaging Technology (2016年9月掲載予定)
  21. Hiroyuki Kudo, Fukashi Yamazaki, Keita Takaki, and Takuya Nemoto,
    "A very fast iterative algorithm for TV-regularized image reconstruction with applications to low-dose and few-view CT,"
    Proceedings of SPIE 2016 Optics + Photonics (Development in X-ray Tomography),
    Paper No. 9967-37 (2016年8月)
  22. Essam A. Rashed and Hiroyuki Kudo,
    "Probabilistic atlas prior for CT image reconstruction,"
    Computer Methods and Programs in Biomedicine(Journal Impact Factor 1.862), Vol.128, pp.119-136 (2016年5月)

学会発表

  1. 早坂まりな,工藤博幸,
    "TV-Lpオプティカルフロー最適化問題の厳密解法,"
    電子情報通信学会信号処理研究会SIP2016- (2016年8月)
  2. 遠矢良彦,工藤博幸,
    "モデルパラメータ自動推定型MRF画像セグメンテーションの提案,"
    電子情報通信学会信号処理研究会SIP2016- (2016年8月)
  3. 楊海圏,楊美花,工藤博幸,
    "改良型トータルバリエーション正則化を用いたデノイジングおよび画像再構成,"
    第35回日本医用画像工学会大会 (2016年7月)
  4. 鈴木武伸,滝沢穂高,工藤博幸,岡田俊之,
    "グラフカットと確率アトラスを用いたCT画像からの膵臓の対話的抽出,"
    第35回日本医用画像工学会大会 (2016年7月)
  5. Don Jiang and Hiroyuki Kudo,
    "Proposal of compressed sensing using nonlinear sparsify transform for CT image reconstruction,"
    第35回日本医用画像工学会大会 (2016年7月)
  6. 工藤博幸,
    "新方式コンピュータトモグラフィーと圧縮センシング,"
    第35回日本医用画像工学会大会 (2016年7月)
  7. 早坂まりな,城山龍太郎,岩佐直毅,工藤博幸,滝沢穂高,
    "連続凸最適化によるMRF画像ラベリング厳密解法の多値への拡張,"
    第35回日本医用画像工学会大会 (2016年7月)
  8. 岩佐直毅,早坂まりな,工藤博幸,滝沢穂高,
    "トポロジー保存型画像領域分割の新手法-グラフカットを用いない連続凸最適化による大域的最適化-,"
    第35回日本医用画像工学会大会 (2016年7月)
  9. 董建,工藤博幸,
    "CT画像再構成のための非線形スパーシファイ変換を用いた圧縮センシングの提案,"
    第35回日本医用画像工学会大会 (2016年7月)

招待講演

  1. 工藤博幸,
    新方式コンピュータトモグラフィーと圧縮センシング
    第35回日本医用画像工学会大会(2016年7月)
  2. Hiroyuki Kudo, Keita Takaki, Fukashi Yamazaki, and Takuya Nemoto,
    Proposal of fault-tolerant tomographic image reconstruction,
    Proceedings of 2016 SPIE Optics + Photonics (Development in X-ray Tomography), pp.-(2016年8月)
  3. 工藤博幸,
    新方式コンピュータトモグラフィーと圧縮センシング
    浜松ホトニクス講演会(2016年9月)

実用化実績

  1. JST先端計測・機器開発プログラムの成果として、電子線トモグラフィー分野において世界で始めて3次元時系列画像の撮影(『リアルタイム電 子線トモグラフィー』と命名)に成功して装置を開発, 九州大学・システムインフロンティア・大阪大学・筑波大学からプレスリリース, 正式に製品化も決定