研究業績

当研究室における国際会議や論文などの研究業績を紹介します(2017年度).
各年度の業績一覧はこちら

受賞

  1. Jian Dong and Hiroyuki Kudo,
    SPIE(国際光工学会)Medical Imaging 2017 国際会議Poster Presentation Awards 受賞,
    発表『Investigation of image quality difference between total variation and nonlinear sparsifying transform based compressed sensing (2017 年2 月)
  2. 田中直樹(システム情報工学研究科),
    平成28 年度電子情報通信学会信号処理若手奨励賞,
    受賞発表『M 分割リフティングベース非線形位相フィルタバンクの可逆な非拡張畳み込み』(2017 年2 月)
  3. 早川雄貴君(共著論文学生:システム情報工学研究科),
    平成27 年度映像情報メディア学会メディア工学研究会学生研究発表会研究奨励賞受賞,
    受賞発表『バネ格子モデルを用いた腹部X線CT画像の非剛体位置合わせに関する基礎的検討』 (2017 年2 月)
  4. 保田竜也君,
    国際会議『Interdisciplinary Workshop on Science and Patents (IWP) 2016』のIWP2016 Prizeを受賞,
    受賞発表『Recognition of 12th thoratic vertebrae in abdominal CT images』 (2016年9月)
  5. Mona Selim, Essam A. Rashed, Hiroyuki Kudo,
    SPIE(国際光工学会)Optics+Photonics 2016 国際会議Outstanding Poster Awards受賞,
    発表『Low-dose multiphase abdominal CT reconstruction with phase-induced swap prior』 (2016年8月)
  6. 早坂まりな(システム情報工学研究科),
    平成28 年度日本医用画像工学会奨励賞受賞,
    受賞発表『連続凸最適化によるMRF 画像ラベリング厳密解法の多値への拡張』 (2016 年7 月)

特許

  1. 『インテリアCT 画像生成方法』,
    発明人:工藤博幸 出願人:筑波大学
    特許願2017-061390 (2017 年3 月)
  2. 『インテリアCT の画像再構成方法』,
    発明人:工藤博幸,根本拓也 出願人:筑波大学
    国際特許PCT/JP2017/5515 (2017 年2 月)

学術雑誌論文

  1. 目片幸二郎, 滝沢穂高, 松林潤, 瀧川朋亨, 戸田一潔, 伊藤康夫, 工藤博幸,
    『テンプレートマッチングを用いた嚥下時X線サジタル透視動画における頸椎棘突起の追跡』,
    日本コンピュータ外科学会誌, Vol.19, No.2, pp.83-88 (2017年5月)
  2. Jian Dong and Hiroyuki Kudo,
    『Accelerated algorithm for compressed sensing using nonlinear sparsifying transform in CT image reconstruction』,
    日本医用画像工学会誌 Medical Imaging Technology, Vol.35, No.1, pp.63-73 (2017年1月)
  3. Satoshi Hata, Shinsuke Miyazaki, Takashi Gondo, Katsumi Kawamoto, Noritaka Horii, Kazuhisa Sato, Hiromitsu Furukawa, Hiroyuki Kudo, Hiroya Miyazaki, and Mitsu Murayama,
    『In-situ straining and time-resolved electron tomography data acquisition in a transmission electron microscope』,
    Microscopy, Vol.2016, pp.1-11 (2016年12月) IF2016=1.528
  4. Jian Dong and Hiroyuki Kudo,
    『Proposal of compressed sensing using nonlinear sparsify transform for CT image reconstruction』
    日本医用画像工学会誌 Medical Imaging Technology, Vol.34, No.5, pp.235-244 (2016年11月)
  5. 保田竜也, 滝沢穂高, 奥村俊昭, 工藤博幸, 岡田俊之,
    『事情があり論文名と著者名を公開しておりません』,
    日本コンピュータ外科学会誌, Vol., pp.- (採択決定)
  6. Wataru Yashiro, Ryosuke Ueda, Kentaro Kajiwara, Daiji Noda, and Hiroyuki Kudo,
    『Millisecond-order x-ray phase tomography by using compressed sensing』,
    Japanese Journal of Applied Physics, Vol., pp.- (採択決定) IF2016=1.384
  7. Hotaka Takizawa, Takenobo Suzuki, Hiroyuki Kudo, and Toshiyuki Okada,
    『Interactive segmentation of pancreases in abdominal computed tomography images and its evaluation based on segmentation accuracy and interaction costs』,
    Biomed Research International, Vol., pp.- (採択決定) IF2016=2.476
  8. 『事情があり論文名と著者名を公開しておりません』
    IEEE Transactions on Image Processing, Vol., pp.- (投稿中) IF2016=4.828
  9. 『事情があり論文名と著者名を公開しておりません』,
    IEEE Transactions on Circuits and Systems for Video Technology, Vol., pp.- (投稿中) IF2016=3.599

国際会議論文

  1. Songzhe Lian and Hiroyuki Kudo,
    『Grating-based X-ray phase-contrast imaging』,
    X-ray and Netron Phase Imaging with Gratings 2017, Paper No. (2017年9月)
  2. Taizo Suzuki, Naoki Tanaka, and Hiroyuki Kudo,
    『Pseudo reversible symmetric extension for lifting-based nonlinear-phase paraunitary filter banks』,
    Proceedings of 2017 IEEE Image Processing Conference, Paper No. 3631 (2017年9月)
  3. Ryosuke Ueda, Hiroyuki Kudo, and Koichi Matsuo, 『Applications of compressed sensing image reconstruction to sparse-view phase tomography』,
    SPIE 2017 Optics + Photonics (Development in X-ray Tomography), Paper No. 10391-16 (2017年8月)
  4. Yoshihiko Toya and Hiroyuki Kudo,
    『An MRF-based image segmentation with unsupervised model parameter estimation』,
    Machine Vision and Application (MVA) 2017, Paper No. 15-06 (2017年5月)
  5. Wataru Yashiro, Kentaro Kajiwara, Ryosuke Ueda, and Hiroyuki Kudo、
    『Millisecond hard x-ray phase tomography using gratings』,
    XOPT17, Paper No. XOPTp8-24 (2017年4月)
  6. Ryosuke Ueda, Hiroyuki Kudo, and Koichi Matsuo,
    『Simultaneous image reconstruction of attenuation, scatter, and phase using the compressed sensing in sparse-view phase CT』,
    XOPT17, Paper No. XOPT2-2 (2017年4月)
  7. Ryosuke Ueda, Fukashi Yamazaki, and Hiroyuki Kudo,
    『FBP embedded iterative method to efficiently solve the low-dose CT』,
    SPIE Medical Imaging 2017, Paper No. 10132-208 (2017年2月)
  8. Songzhe Lian and Hiroyuki Kudo,
    『Phase unwrapping with differential phase image』,
    SPIE Medical Imaging 2017, Paper No. 10132-112 (2017年2月)
  9. Jian Dong, Hiroyuki Kudo, and Essam A. Rashed,
    『Compressed sensing of sparsity-constrained total variation minimization for CT image reconstruction』,
    SPIE Medical Imaging 2017, Paper No. 10132-111 (2017年2月)
  10. Jian Dong and Hiroyuki Kudo,
    『Investigation of image quality difference between total variation and nonlinear sparsifying transform based compressed sensing』,
    SPIE Medical Imaging 2017, Paper No. 10132-109 (2017年2月) -Poster Presentation Award受賞-
  11. Ryosuke Ueda, Takuya Nemoto, and Hiroyuki Kudo,
    『Practical interior tomography with small region piecewise model prior』,
    SPIE Medical Imaging 2017, Paper No. 10132-24 (2017年2月)
  12. Hiroyuki Kudo,
    『Fundamentals of statistical image reconstruction for medical x-ray CT, SPECT, and PET』,
    Inverse Problems and Medical Imaging, Paper No. T-2 (2017年2月) -チュートリアル論文-
  13. Kojiro Mekata, Hotaka Takizawa, Jun Matsubayashi, Tomoyuki Takigawa, Kazukiyo Toda, Yasuo Ito, Hiroyuki Kudo,
    『Template-matching-based tracking of cervical vertebral bodies in videofluorography during swallowing』,
    International Forum of Medical Imaging in Asia (IFMIA) 2017, Paper No. P1-27 (2017年1月)
  14. Hiroyuki Kudo and Takuya Nemoro,
    『Practical interior tomography』,
    International Forum of Medical Imaging in Asia (IFMIA) 2017, Paper No. O7-I-2 (2017年1月) -招待論文-
  15. Essam A. Rashed and Hiroyuki Kudo,
    『Atlas-based image reconstruction for breast CT using non-isocenteric C-arm scanner』,
    Conference Record of 2016 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, Paper No. M09-8 (2016年11月)
  16. Essam A. Rashed, Mohammad al-Shatouri, Mona Selim, and Hiroyuki Kudo,
    『Needle detection in interventional pain management with 3D image reconstruction』,
    Conference Record of 2016 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, Paper No. M10D-18 (2016年11月)
  17. Mona Selim, Essam A. Rashed, and Hiroyuki Kudo,
    『Atlas based interior tomography』,
    Conference Record of 2016 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, Paper No. M16C-7 (2016年11月)
  18. Tatsuya Yasuda, Hotaka Takizawa, Toshiaki Okumura, Hiroyuki Kudo, and Toshiyuki Okada,
    『Recognition of 12th thoratic vertebrae in abdominal CT images』,
    Interdisciplinary Workshop on Science and Patents (IWP) 2016, Paper No. (2016年9月)

招待講演

  1. 工藤博幸,
    『圧縮センシングとトモグラフィーへの応用』,
    日本顕微鏡学会2016年度超高分解能顕微鏡法分科会研究会 (2017年2月)
  2. 工藤博幸,
    『圧縮センシングと新方式コンピュータトモグラフィーへの応用』,
    日本磁気学会第212 回研究会 (2017年2月)
  3. Hiroyuki Kudo,
    『Fundamentals of statistical image reconstruction for medical x-ray CT, SPECT, and PET』,
    Inverse Problems and Medical Imaging, Paper No. T-2 (2017年2月)
  4. Hiroyuki Kudo and Takuya Nemoro,
    『Practical interior tomography』,
    International Forum of Medical Imaging in Asia (IFMIA) 2017, Paper No. O7-I-2 (2017年1月)
  5. 工藤博幸,
    『光断層イメージング逆問題の先進的な解法構築と画像再構成ソフトウェア化』,
    科研費新学術領域『数理生体医用光学』キックオフシンポジウム (2016年12月)
  6. 工藤博幸,
    『新方式コンピュータトモグラフィーと圧縮センシング』,
    (株)浜松フォトニクス講演会 (2016年9月)

学会発表

  1. 工藤博幸,
    『圧縮センシングとトモグラフィーへの応用』,
    日本顕微鏡学会2016年度超高分解能顕微鏡法分科会研究会 (2017年2月)
  2. 工藤博幸,
    『圧縮センシングと新方式コンピュータトモグラフィーへの応用』,
    日本磁気学会第212 回研究会 (2017年2月) 招待講演
  3. 早川雄貴,滝沢穂高,工藤博幸,岡田俊之,
    『バネ格子モデルを用いた腹部X線CT画像の非剛体位置合わせに関する基礎的検討』,
    映像情報メディア学会メディア工学研究会ME2016-22 (2017年2月)
  4. 矢代航,梶原堅太郎,上田亮介,工藤博幸,
    『回折格子を利用した硬X線マイクロ秒イメージング・ミリ秒トモグラフィ』,
    第30回日本放射光学会年会 (2017年1月)
  5. 工藤博幸, 『光断層イメージング逆問題の先進的な解法構築と画像再構成ソフトウェア化』,
    科研費新学術領域『数理生体医用光学』キックオフシンポジウム (2016年12月) 招待講演
  6. 内田彰,岡田俊之,滝沢穂高,工藤博幸,大城幸雄,大河内信弘,
    『分岐構造周囲の輝度特徴に基づく腹部CT 画像からの血管構造の対話的抽出』,
    第25回日本コンピュータ外科学会大会 (2016年11月)
  7. 保田竜也,滝沢穂高,奥村俊昭,工藤博幸,岡田俊之,
    『腹部X線CT 画像からの骨領域の認識に関する基礎的検討』,
    第25回日本コンピュータ外科学会大会 (2016年11月)
  8. 田中直樹,鈴木大三,工藤博幸,
    『M分割リフティングベース非線形位相フィルタバンクの可逆な非拡張畳み込み』,
    第31回信号処理シンポジウム (2016年11月)
  9. 工藤博幸,
    『新方式コンピュータトモグラフィーと圧縮センシング』,
    (株)浜松フォトニクス講演会 (2016年9月) 招待講演
  10. 波多聰,佐藤和久,工藤博幸,川本克巳,堀井則孝,加茂勝己,古河弘光,權堂貴志,宮崎裕也,宮崎伸介,村山光宏,
    『電子線トモグラフィーによる金属の塑性変形の三次元観察』,
    2016日本金属学会秋期大会 (2016年9月)

マスコミ掲載

  1. JST先端計測・機器開発プログラムの成果として、電子線トモグラフィー分野において 世界で始めて3次元時系列画像の撮影(『リアルタイム電子線トモグラフィー』と命名)に 成功して装置を開発、九州大学・システムインフロンティア・大阪大学・筑波大学からプ レスリリース、 正式に製品化決定。以下のマスコミでも取りあげられる。日刊工業新聞、 日本経済新聞、日経産業新聞、科学新聞オプトロニクスオンライン、日経BPnet、日経テク ノロジーオンライン、つくばサイエンスポータル

研究費採択

  1. 研究プロジェクト『超圧縮センシングによるミリ秒X線トモグラフィ法の開発(チーム: 矢代航准教授(東北大)、工藤博幸、ヴォルフガング・フォグリ助教(東京学芸大))』が JST-CREST(計測技術と高度情報処理の融合によるインテリジェント計測・解析手法の開発 と応用)に採択 (2017年9月)